鱈(たら)

 
テリ釣りと並んで沖釣りの人気ターゲットとなっているタラ。通年通して狙うことはできますがオススメは11月~2月頃。この季節はメスの産卵に向けてオスの白子(ダダミ)も発達してくるため、冬の釣り物として定着しています!

水深およそ100-400mの岩場の海底付近に生息しているマダラは晩秋から初夏にかけて水深100m程の浅瀬にあがってきます。その後水温の上昇とともに深場へ移動していき、12月-2月頃に産卵のために再び浅瀬にあがってくるのが回遊サイクルになっています。
ホッケやカレイ、イワシなどの魚類からイカやタコ、甲殻類から貝類までを餌とする雑食性の高い魚です。
まれに近海漁礁での釣果も見られますがマダラ釣りの主なポイントはシラセ、メグリ、シグリなどで水深100-200m前後の深海釣りとなります。
 
 
 
 【月別オススメエリア】

      1月 2月 11月 12月
                       
深海 新礁(シグリ)                        
向瀬                        
七十立                        
メグリ                        
白瀬(シラセ)