➀ 安全講習について

・ クラブ入会者は初回に限り安全講習を受講していただきます。(予約制約1時間、無料)
・ 非会員利用の場合は、利用の都度安全講習を受講していただきます。
  (その受講時間約30分は利用時間に含まれます。)
  (都度利用されても必ず受講対象となります。)
 
<安全講習内容>
イ  艇の仕様、基本操作、装備品の説明。
ロ  マリーナ内航行ルール、出入港時の注意点の説明。 
ハ  レンタル艇利用可能水域の説明。
ニ  離着岸時の基本操船技術指導。
ホ  危険地域の説明。
ヘ  マリンスポットの説明。

 

② レンタル艇航走可能水域

・ 安全にご利用いただく為に「航走可能水域」を設定させていただいておりますので、お守りいただけない場合はご利用をお断り致します。

③ その他の利用

・   つり竿 \1,100/1本 
  (餌、仕掛はお客様側で購入してください。)
 
・   インストラクター \2,200/1時間 
  (釣り及び操船指導。数日前にはお申込み下さい。)

④ 燃料代

・   レギュラーガソリン 使用分だけ実費精算です。
  (満タン返し)価格はマリーナ料金表による。

⑤ ライフジャケットの着用

・   ライフジャケットは必ず着用していただきます。
  特に12歳未満のお子様は、法律により義務化されており、罰則の対象となります。
  お子様が同乗される方はお申し出ください。
  子供用のライフジャケットをお貸しいたします。(無料)

⑥ 酒酔い操船の禁止、及び操船者の限定

・   法律により酒酔い操船は禁止されております。
  操船者(船長)の飲酒は厳禁です。
 
・   操船者(船長)は申込者、クラブ会員に限らせていただきます。

⑦ 携帯電話の携行、及び定時連絡の義務

 ・   レンタル艇との連絡手段として携帯電話(船長の物)を必ずお持ちいただきます。
 ・   下記のように携帯電話による定時連絡をお願いいたします。
 イ  1日レンタルの場合。13:00時及び帰港15分前。(2回)
 ロ 半日レンタルの場合。帰港15分前。(1回)

⑧ 予約受付時間、及び定休日

・   インターネット予約(クラブ会員のみ)  
 24時間予約可能(定休日も含む)だが、予約可能期間は利用日の1ヶ月前から、利用日の前々日まで 
・   電話予約  秋田マリーナ 018-847-1851 営業日のAM8:00~PM16:00 
・   定休日    火曜日(祭日の場合は翌日)  11月~翌3月の期間は火曜、水曜日

⑨ 予約可能回数の制限

・    土日祭日のレンタル艇予約回数には下記のように制限を設けます。
イ  クラブ会員は1ヵ月前よりその範囲の中で2回までといたします。
ロ  非会員利用は2週間前よりその範囲の中で1回とさせていただきます。
ハ  上記いずれの場合も前日までに予約の無い場合はご利用いただけます。
    その場合のご利用は規定の回数には含みません。

⑩ 特別営業時間について

 ・   下記のように特別営業の設定をさせていただきますので予めご了解ください。
イ  6~8月の3ヶ月間は、土日・祝日のご利用最終時間をPM17:00までといたします。
ロ  総利用回数が5回以上の方は朝7時より、同じく10回以上の方は朝6時よりご利用可能です。
   但しご利用日は土日・祝日に限らせていただきます。
   また朝6時からご利用される場合は、前日の営業時間内に
   マリーナ入場の鍵を取りに来られる事が、ご利用条件になります。
ハ  11月~翌3月は1日利用のみとさせていただきます。
   また、ご利用時間はAM9:00~PM15:00とさせていただきます。

⑪ 出港制限

・   悪天候により出港不可能と判断される場合には出港を制限いたします。
  その場合の基準は下記のようになっておりますが、
  目視による状況判断等マリーナの安全管理基準を優先いたします。
イ 風速8m/S以上の時。 ロ 波高2.0m以上の時。

⑫ Green Pier・Orange Pier利用時の特別設置

 ・   F.A.S.T.23(Green Pier)、YF-23(Orange Pier)は
   秋田マリーナ・男鹿マリーナの両航行区域を利用できるものとします。
   さらに1級船舶操縦士免許を所有している会員は、
   GPS上の水深100m等深線までの沖合区域を利用できるものとします。
   但し、以下の要件を満たす事が条件となります。
イ  総利用回数が5回以上の方。(YF-21ブルーピアの利用を含む)
ロ  会員、もしくはご利用日の乗船者が連絡手段として
   NTTドコモの携帯電話をお持ちで、定時連絡等の可能な方。
※  2021年3月現在、NTTドコモ以外のキャリアの携帯電話は、
   沖合の通信エリアがカバーされていない為、本規則のご利用は出来ません。